2010年01月29日

【いま、語る関西人国記】梅南鋼材社長 堂上勝己さん(57)(2)(産経新聞)

 □就職

 ■設計学び全国の建設現場へ 

 生まれは大阪府南部の河内長野市。田んぼと山が接近するところで育った。実家は父母と6人兄弟。最年長の兄のあとに姉が4人続き、自身は末っ子だった。

                   ◇

 一番上の兄とは14歳も離れていることもあり、父からはずいぶんとかわいがられ、甘やかされた記憶があります。父は仕事で家にいないことが多かったし、母も農作業で忙しかったので、姉たちが幼い私の面倒を見てくれました。

 とにかく自然豊かなところでしたので、子供のころの遊びも、野生の動物を捕まえたり、木の枝でチャンバラごっこをしたり。当時は風呂も薪を燃やして沸かしていたので、山に遊びに行ったときに薪を集めて帰宅することも多かった。

 中学までは地元の学校に通い、高校は大阪市阿倍野区にある桃山学院高校に進学しました。田舎から出てきたので、どこに行っても人が多いし、ネオンもまぶしく、「街やなあ」と感じました。あまり勉強はしないで、友達とよくミナミに繰り出し、遊んでばかりいました。

  

 ≪ヘルメットをかぶった現場監督にあこがれ、大学受験では工学部を目指すが、見事に全滅。夜学だった大阪工業大学短期大学部の建築学科に進んだ≫

  

 短大では心を入れ替えて熱心に勉強しました。余裕のある昼間は、姉の嫁ぎ先の鉄工所でアルバイトをさせてもらっていました。

 卒業後は、大阪市内の設計事務所に入社。全国各地のビルなどの建設現場に派遣され、設計書通りに建物ができあがっているかどうかをチェックする設計監理の仕事をしていました。

 現場では、仕事のパートナーである大手ゼネコンの社員にも「先生」と呼ばれていました。でも、よく理解できないことが多く、実力不足を感じてしまう。それを克服したくて専門書を読みまくりました。本気になって勉強し、27歳で1級建築士の資格を取りました。

 関東地方にある製鉄所の建設現場に派遣されたときでしたが、仕事で必要だったので、鉄をつくるプロセスや工法、鉄の種類などを頭に入れました。そこで学んだ知識が、のちに兄の急逝で鋼材会社の社長に突然就任して鉄の世界に飛び込んだときに、私をずいぶんと助けてくれたのです。(森田晶宏)

                   ◇

【メモ】梅南鋼材

 昭和31年に堂上勝己・現社長の父、光夫氏が大阪市西成区で創業。もとは鋼材の卸売りが主体だったが、勝己氏が社長になって以降は、より付加価値の高い鋼板の加工にシフト。現在では、粗利益ベースで全体の約3分の2を加工が占めるまでになった。曲げ加工や製缶、板金加工、レーザー加工などを幅広く手がけ、技術力の高さには定評がある。年間売上高は約6億円。本社・大阪市西成区。

「関西一の女相場師」に懲役3年求刑(産経新聞)
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功−シンガポール(時事通信)
小沢氏続投、判断避ける=仙谷国家戦略相(時事通信)
高齢者向け自転車 開発急ピッチ 低床、電動、簡単スタンド…「安心・安全」(産経新聞)
<河村名古屋市長>地域委員会投票率「2〜3割あれば」(毎日新聞)
posted by クマガイ サダイチ at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなの力「ぶりでぃー」で勝利…稲嶺氏が会見(読売新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非を争点にした沖縄県名護市長選で、受け入れ反対を主張して初当選した前市教育長・稲嶺進氏(64)が25日午前、記者会見し、「市議会で移設反対の決議をしてもらい、しっかりと国、政府、県に対して、名護市民の意思を伝えていきたい。鳩山首相にも直接伝えたい」と述べ、移設に反対する考えを改めて強調した。

 稲嶺氏は選挙戦を振り返り、「厳しい戦いのなかで、支援の輪が広がった。沖縄の言葉で『みんなの力で』という意味の『ぶりでぃー』で作り上げた選挙態勢だった。今回の勝利はみなさんの大きな思いと力が結集した選挙だ」と笑顔を見せた。

 勝因について、「基地による振興策は一時的なもので、市民生活を豊かにすることにつながっていない。基地に頼る振興策では、自分たちの生活は良くならないということをしっかり考えて頂いた」と分析。政権交代の影響も、「大きな要因の一つと思う」と語った。

 「県外、国外移設」を求める県民世論の追い風が吹くなかで、予想外に接戦だったとの指摘には、「これまで振興策というなかで、市民は非常に悩んだと思う」としながらも、「その厳しい状況でこの結果が出たことは、これまでのあり方に一つの風穴を開けた。これまで潜在的にあった『基地反対』の思いが形として表れた」と指摘した。

 移設先が見つからなければ、普天間が現状のまま固定化する可能性もあるが、「普天間の危険除去は一刻も早くなされないといけない。しかし、そのことが辺野古移設となるのは筋が違う」との見解を示し、「沖縄県内で代替施設を確保するのは無理がある。基地が集中する県内に移設地を求めるのではなく、安全保障という立場から、日本全国で考えて頂きたい」と主張した。

 また、仲井真弘多・県知事に対しては、「新しい市長は『辺野古の海に造らせない』ということを約束して当選した。そのことをしっかりご理解を頂きたい」と話した。

水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも−患者団体(時事通信)
「改善不十分」14校を指名=法科大学院の状況調査−中教審特別委(時事通信)
普天間、移設先自治体の合意いらず…官房長官(読売新聞)
鳩山元総務相に説明求める=母親からの資金提供−自民の大島氏(時事通信)
「謝って下さい、お願いします」菅家さん謝罪を懇願 足利再審(産経新聞)
posted by クマガイ サダイチ at 02:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。